母子感染者であることを証明


母B型肝炎で母子感染になってしまった場合、どのように母子感染を証明すればよいのでしょうか。また母親が死亡している時に、給付金は請求することができるのでしょうか。まずは母子感染を証明する手段について知っておくことが大切です。

母子感染でB型肝炎に感染してしまった方は、給付金を請求することができます。生まれてくる時に母から子へB型肝炎ウイルスが感染してしまうことを母子感染と呼びます。母がB型肝炎ウイルス給付金の支給対象の場合、母子感染した子供は二次感染者です。

また母親が肝臓の病気になってしまうことや亡くなっている場合にも母子感染している可能性があります。母子感染と認められるためには3つの条件を満たしていなければいけません。まずは自分がB型肝炎のウイルスに感染していること、そして母親が一次感染者の条件を満たしていることと、母親以外に感染源がないことです。

このように母子感染になってしまった場合に給付金の請求ができるだけでなく、母親が死亡している場合にも母子感染が証明することができれば給付金を請求することができます。実際に自分で必要書類を全て集めるのは大変なことなので、弁護士や専門家に手伝ってもらうことが給付金への近道です。